古いモデムや無線LANルーターも寿命があるの? ネットの回線速度が遅い、通信が切れる理由

電化製品、特に白物家電の類はおおよその使用期間は5年と聞き、意外と短いなあと思った矢先。全くの盲点だったのが、モデムや無線LANルーター。

 

実は、最近自宅でネットが途切れてしまう現象がときどき起きていました。無線LANルーターについては1年ほど前に買い替え、一度は掃除のときに触ってしまったのか本当にコードが外れていました。
しかし、その後もネットに接続できないことが数回。でも、無線LANルーターの電源を立ち上げ直せば繋がっていましたが、とうとうそれでも復旧しない事態が発生したのです。

 

modemu

 

もしや、その先のモデムが原因?このとき初めて知りましたが、このモデムは契約している電話会社からのレンタル品でした。それも、2007年製!10年近いこの機器の経年劣化や故障による不具合ではないかと判断しました。
早々電話会社に問い合わせをしたところ、これまでの経緯から不具合はモデムが原因かということになり、当日修理担当者が交換に来てくれました。朝一の予約で当日午後には出張してくれる素早い対応。ネットに繋がらない時間は全くなく済みました。特に法人客は業務に支障がでるため早急に対応してくれるんですね。

 

ネット接続に関するトラブルは、目に見えないだけに何が原因かすぐにはわかりません。自宅内のネットワーク環境、パソコンの設定を変えた、回線の混み具合などいろいろ考えられます。思いつく要因を排除して、それでも不具合が解消されない場合は、モデムの故障の可能性が高いかもしれません。

 

  • 一時的な不具合ではなく、通信が頻繁に切れる。あるいは、常に回線速度が遅い。
  • 同一のモデムを使い続けて4〜5年以上経過している
  • モデム本体のランプが正常時と異なる(点灯または点滅している、色が違うなどエラー表示の場合あり)

 

また、回線自体に問題がある場合は契約会社がチェックしてくれますので、その点も含めて相談してみるといいかもしれませんね。モデムも無線LANルーターも電化製品の一つと考え、意外と寿命は短いと覚えておいてくださいね。